野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

タヒバリ

タヒバリ Anthus spinoletta japonicus

スズメ目(PASSERIFORMES)セキレイ科(MOTACILLIDAE)タヒバリ属(ANTHUS)

タヒバリの目撃場所

三番瀬 三重県 不忍池 中山寺奥之院 八幡川河口 八幡高原 加田屋川 大路池 小平ダム 山県郡北広島町 枚方市 清水寺 舳倉島 葛西臨海公園 見沼田んぼ 酒田市 釧路市

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

タヒバリ 画像

タヒバリ 動画

タヒバリ ブログ

辻の碑(いしぶみ)
ここからは中山寺奥の院に行く道中で見た野鳥とお花の紹介です。 初めて出あった野鳥タヒバリか? 3回目の撮影に成功したコゲラ(日本で一番小さいキツツキ) ホウジロ ソウシチョウで最近良く鳴き声を耳にするんですが常に木々の繁みの中を動い
2013-07-13 14:35:00
2013年6月にみた鳥
ことしもあと半分ということで、今月も集計してみる。(先月分 → 2013年5月にみた鳥 ) 2013年6月 キジ マガモ カルガモ カイツブリ キジバト カワウ ヨシゴイ ゴイサギ アマサギ アオサギ ダイサギ チュウサギ コサギ オオバン アマツバメ コチドリ トビ
2013-06-30 21:04:00
2013年5月にみた鳥
今月も集計してみる。(先月分 → 2013年4月にみた鳥 ) 2013年5月 キジ カルガモ コガモ キジバト カワウ ゴイサギ アオサギ カワラバト ガビチョウ ソウシチョウ 2013年累計 キジ ヒシクイ コハクチョウ オオハクチョウ ヨシガモ ヒドリガモ マガモ
2013-05-31 20:17:00
島で出会ったその他の鳥たち(2/2)
タヒバリの中に混ざっていました。 ビンズイ:こちらもいつも見ます。 その他サギ類(ダイ・コ)、シギ類(タカブ・チュウチャク・コアオアシ)、海鳥(オオミズナギドリウミスズメ)そして不明鳥(2種)、その他カラス・トビ等を含めて約40種を確認
2013-05-17 06:46:00
M島の旅2013(1日目)
M島の鳥(1日目)---約50種 オオミズナギドリ、ウミウ、アマサギダイサギチュウサギ、コサギ、タカブシギ、セイタカシギ、 キアシシギ、チュウシャクシギ、ツメナガセキレイ、 ヒメコウテンシ、キセキレイ、ビンズイタヒバリ、 イソヒヨドリ
2013-05-07 23:01:00
Y川探鳥会20130324
今日の鳥--オカヨシガモ33、ヒドリガモ368、マガモ40、 カルガモ20、ハシビロガモ40、オナガガモ8、コガモ165、 キンクロハジロ13、スズガモ2、ウミアイサ4、カイツブリ1、 カンムリカイツブリ24、キジバト1、カワウ5、アオサギ
2013-03-24 20:25:00
今見られる野鳥
(6)巣にいる鳥、子育て中の鳥を撮影しない。 鳥に ストレス を与える行為で、 野鳥虐待 です。 (7)長時間、待ち伏せしたり、付き纏 ったりしない。 オオバン、(クイナ、ヒクイナ) 【チドリ類】 コチドリ 【シギ類】 イソシギ
2013-03-22 08:03:00
磯の タヒバリ Zi’s best
真っ黒になったハジロカイツブリも目立つが、てんでんばらばらで採餌中。 順光側で撮るべく西端の突堤に向かったら、最初に遊んでくれたのが 以上、爺の鳥撮り史上 最も綺麗なタヒバリでした。 本日の散歩は
2013-03-19 19:07:00
久しぶりのルリビタキ♀など
今回もコクマルガラスは確認できず。 5,60羽のヒヨドリが畑の緑を啄ばんでいる。これでは収穫までに無くなるだろうと心配になる。 公園の風が比較的弱い場所で、Aさんなど10人ばかりの鳥見人が屯している。しばしその輪に加わり、アトリなどを撮る。
2013-02-24 13:40:00
今期初登場のビンズイ、キクイタダキ、ヨシガモ
出会った鳥たち(多い順) ヒヨドリ、キジバト、ツグミコガモカルガモ、ホオジロ、ムクドリ、ヒドリガモ、シジュウカラ、オオバン、カワラヒワ、キンクロハジロ、カワウ、オカヨシガモ、ビンズイ、モズ、メジロ、アオサギ、オカヨシガモ、ハシビロガモ
2012-12-25 15:58:00
渡り鳥で賑やかになっています。
玄関付近ではアカコッコに良く似た野鳥のマミチャジナイが確認されています。 一方、留鳥のタネコマドリやウグイスもこのところ活発に動き回っており、頻繁に見られています。 12月1日から17日までに確認された野鳥 カイツブリ、ハジロカイツブリ
2012-12-18 11:53:00
【121129鳥見日記】越冬シギチ。-三重県-
冬の水鳥を一通り確認。 意図しなかったシギチに会えたのはラッキーだった。 帰りの高速で力尽きる。78点。 ■今日の鳥。 タカブシギ、オオハシシギ、イソシギ、ハマシギ、タゲリ、コアオアシシギ、ミヤコドリ、セグロカモメ、ユリカモメ。
2012-12-01 07:21:00
★全域調査の結果(2012.4.24)
西なぎさでワシカモメ1羽がセグロカモメやオオセグロカモメ、カモメなどに混ざっていました。コアジサシは西なぎさで22羽。 ・小鳥類・・・ オオルリ、キビタキ以外では、ヒバリを西なぎさで5羽、タヒバリを西なぎさとの間の水路で1羽
2012-04-26 00:55:00
ケリはそろそろ営巣開始か
出会った鳥たち(多い順) ツグミ、カワラヒワ、キジバト、ホオジロ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、カルガモツバメコガモ、シジュウカラ、タヒバリ、モズ、オオジュリン、ヒバリ、カワウ、アオサギ、ケリ、アオジ、オオバン、メジロ、ウグイス
2012-04-05 14:21:00
野鳥のライフリスト
不忍池の人は親切だ、 コスズガモ 僕は東京に行くと必ず上野不忍池で鳥見をしますが、 2007年11月に行った際、そこに珍しいコスズガモが来ている という情報をネットで見つけて探してみました。 いました、間違いない。
2011-11-02 19:45:00
舳倉島で出会った鳥達NO8(ヨーロッパビンズイ?)
撮影後に鳥友に確認するもヨーロッパビンズイに近いけれど胸の班が大きいこと(特にわき腹の当たり)が引っかかりビンズイの亜種でカラフトビンズイではないかとか?、いずれにせよ私自身も過去にヨーロッパビンズイを見ていないので人の意見を聞くしか有り
2011-10-27 00:08:00
釧路沖2010 -無賃乗船1-
それだけ渡りは過酷であり、多くの鳥が命を落としているのでしょうね。 そんな過酷な渡りの一部始終を垣間見る「無賃乗船」ですが、過去にはマキノセンニュウツメナガセキレイといった珍しい小鳥から、ミサゴゴイサギといった大物まで見た事があります。
2010-12-28 19:32:00
再び釧路沖
見られた鳥は以下の通り・・・ シロエリオオハム コアホウドリ・クロアシアホウドリ フルマカモメ・ハジロミズナギドリ(50+)、オオミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリ(60+)、 アカアシミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ ハイイロウミツバメ
2010-10-22 10:41:00
この鳥なんだろう?
野鳥図鑑で調べてみると、ヒバリ科の コヒバリ (注1) や ヒメコウテンシ (注2) にも似ていますが、どうも違います。 野鳥は、オスとメスがまるっきり違うこともあるので、 メスを中心に調べてみると、 ノビタキ のメス (注3) や オオジュリン のメス
2010-01-25 00:01:00
今日の野良鳥(1月14日)
カワセミ、 Alcedo atthis 。 クイナ、 Rallus aquaticus 。 ヒクイナ、 Porzana fusca 。 アカハジロ、 Aythya baeri 。 アカハジロホシハジロ、 Aythya ferina 。 アカハジロヨシガモ、 Anas falcata 。
2010-01-14 21:38:00
もっと読む
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.