野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

オオカワラヒワ

オオカワラヒワ Chloris sinica kawarahiba

スズメ目(PASSERIFORMES)アトリ科(FRINGILLIDAE)カワラヒワ属(CHLORIS)

オオカワラヒワの目撃場所

京都御苑 北海道 渡良瀬遊水地 甲子園浜

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

オオカワラヒワ 画像

オオカワラヒワ 動画

オオカワラヒワ ブログ

シマエナガ・オオカワラヒワ
カワラヒワとも言われている。 カワラヒワは群れで見られることが多いが、この個体は一羽だけの単独行動をしていた。 雪のちらつきとオオカワラヒワの黄色が美しかった。手前に小枝があり、鳥にピントを合わせるのに少し苦労した。
2013-02-20 06:58:00
オオカワラヒワとカワラヒワです。
最近、河原でオオカワラヒワの群れを多く見かけます。(写真上・中) 同じ場所 風切羽の外縁白斑部分の面積に違いがあります。 平凡な鳥でも、双眼鏡で観察すると興味深いです。 こういう似たような鳥に、混血というのは生まれないのだろうか
2013-02-11 08:09:00
今日とかの野良鳥(2月6・8日)
ここんとこ渡りのオオカワラヒワがやたら増えた。 ベニマシコ、 Uragus sibiricus 。 先週も見たコホオアカ、今日はホオジロとおった。 コホオアカ、 Emberiza pusilla 。風が強くてあまり上には出てこん。
2013-02-08 20:47:00
カワラヒワとオオカワラヒワ
20羽ほどの群れが葦原で飛んでたが、後ろ姿を確認したものはオオカワラヒワだった。 オオカワラヒワは珍しい鳥ではなく、良く見られるようである。ただ知らなかっただけ。 以前はカワラヒワしかいないと思っ
2012-12-27 19:09:00
アカハラ、カワラヒワ他
目的の鳥達には会えませんでしたが、アカハラは今季初見、初撮りでした。カワラヒワは20羽程度で前回アップしたオオカワラヒワとはその差異がはっきりしています。シロハラは目の周りが白い変異型のようですが、今月上旬から見られ
2012-12-22 07:00:00
今月の京都を歩く、、、鳥撮り散歩。
ところにある松とモミジの樹に野鳥の姿が、、、 エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コゲラ、キクイタダキ、オオカワラヒワ、ヒヨドリ、、、 今日はついてるなぁ、、、着いて早々こんなに沢山の野鳥が見れるなんて、、、 と思っていると
2012-12-13 23:59:00
今日の野良鳥(10月14日)
昨日とほとんど変わらん。 ノビタキ、 Saxicola torquata 。 ノジコ、 Emberiza sulphurata 。 カワラヒワ、 Carduelis sinica 。増えてると思ったら、冬モノのオオカワラヒワかな。
2012-10-14 20:34:00
オオカワラヒワ
オオカワラヒワの雌かと・・・。識別が間違っていなければ、思川流域の鳥、122種類となります。この子には、これまでも出逢っていて、コカワラヒワ(留鳥・漂鳥)・オオカワラヒワ(冬鳥)をカワラヒワとし、1種に数えていました。
2012-02-23 04:53:00
白川20120114(野鳥編)
いつもどおりしあわせの村に到着、ここで昼食時にカラ類の混群と遭遇、それまでアオシギ以外鳥らしい鳥を見ていませんでしたので、ちょっぴり溜飲を下げました。 オオカワラヒワ(次列風切の白色部が明瞭) シジュウカラ ヤマガラ エナガ このほかにアオジ
2012-01-15 13:51:00
カワラヒワ
庭を賑わしているカワラヒワ、良く見ていると色違いが居る ♂♀の違いか・・ 羽根先が白く目立つカワラヒワオオカワラヒワとか。。 ジャンル: 鳥 キーワード : カワラヒワ オオカワラヒワ mixiチェック Tweet
2011-03-05 13:58:00
オリエンタルグリーンフィンチ(カワラヒワ)
田畑、雑木林、河原、海辺 群れをつくる。 低地や低山のスギ、マツの針葉樹林帯で繁殖 近い種: オオカワラヒワ・・・千島、カムチャッカ方面より冬鳥として渡ってくる オガサワラカワラヒワ・・・小笠原諸島、硫黄列島
2010-01-27 09:19:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.