野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

アメリカトキコウ

アメリカトキコウ Mycteria americana

コウノトリ目(CICONIIFORMES)コウノトリ科(CICONIIDAE)トキコウ属(MYCTERIA)

アメリカトキコウの目撃場所

アメリカ合衆国 エバーグレーズ国立公園 サニベル・アイランド シーワールド(フロリダ州オーランド) テアカパン ペドロパブロ メキシコ

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

アメリカトキコウ 画像

アメリカトキコウ 動画

アメリカトキコウ ブログ

アメリカトキコウ
冬鳥が飛来します。 11月から2月が、テアカパンでいちばん鳥が多い季節です。 郊外の湿地や干潟には、たくさんの水鳥が群れています。 この湿地には、サギ類、ブロンズトキシロトキベニヘラサギアメリカシロペリカンアメリカトキコウ、カモ類
2013-02-01 11:56:00
ナヤリト州北部秘境探索ーI 秘境への道
アカポネタを過ぎて国道を外れると、寂しい荒野と放牧地が広がっています。 アメリカトキコウチュウサギが、未舗装道路のすぐ脇に群れていました。 カメラを構えても、見向きもしない。 このあたりまで来ると、鳥も警戒心が薄いようです。
2012-11-09 00:28:00
アメリカシロペリカンと アメリカトキコウ
サニベルアイランド)にある 国立野生動物保護区での鳥見の続きです。 先日の 『う』の群れの 向こうには白い鳥の群れがありました。 (クリックで大きくなります) アメリカシロペリカン(American White Pelican) ペリカン目 ペリカン
2011-11-11 00:44:00
水場に群れる鳥達
それを狙って、鳥がたくさん群れています。 チュウサギコサギアメリカトキコウ、鵜、ブロンズトキ、少なくとも3種類の鴨。 鴨達とブロンズトキは冬鳥、のこりの連中は年中テアカパンにいる留鳥です。 仲良く食事中です。 テアカパン近辺は
2010-10-22 00:07:00
ヒメコンドル回帰
だけど、すごく警戒心の強い鳥でして、全然近寄れないです。 近縁種の、やはり死肉喰らいの クロコンドル 共々、秋から春にかけて 時にはグンカンドリやアメリカトキコウも混じって、百羽以上の群れが村の上空を旋回していることもあります。
2010-10-20 00:13:00
ウッド・ストーク(アメリカトキコウ)
調べたら、 Wood Stork といって、コウノトリ科の鳥だそうだ。 日本名をアメリカトキコウというらしい。 National Geographic によれば、 「コウノトリ科の鳥では、アメリカ国内で唯一生息する鳥。 えさを摂る際のくちばしの使い方がおもしろく
2008-12-06 01:36:00
シーワールド①~フロリダ春08⑤
あとここにはそのえさのおこぼれを狙うかのように国立公園で見かけた希少な鳥達、アメリカトキコウ、ダイサキ、ユキコサギオオアオサギがいた。 奥の方ではカリフォルニアアシカ達がくるくる回りながら泳いでいる。
2008-05-15 03:30:00
エヴァーグレーズ国立公園(トレイルズ)⑤~フロリダ冬07
ここは目の前の池の周りにたくさんの野鳥がいた。数人が大きな望遠つきカメラをかまえ、写真を撮っている。特に珍しいものはいなかったが サギ、アメリカトキコウアメリカヘビウベニヘラサギがいた。 その次はマホガニー・ハンモック。
2008-02-29 01:37:00
エヴァーグレーズ国立公園(シャークヴァレー)③~フロリダ
時々おじさんが野鳥を見つけるとトラムを停めてくれる。おじさんの目は鳥のように鋭く、見逃すことがない。アメリカ・ヘビウの雄と雌、アメリカトキコウ(Woodstork)、それから道路下を横切る水路に大抵いるアリゲーター、そしてなぜかザリガニ。
2008-01-28 00:49:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.