野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

オナガミズナギドリ

オナガミズナギドリ Puffinus pacificus cuneatus

ミズナギドリ目(PROCELLARIIFORMES)ミズナギドリ科(PROCELLARIIDAE)ハイイロミズナギドリ属(PUFFINUS)

オナガミズナギドリの目撃場所

キラウエア岬国立野生生物保護区 久米島 南島(東京都) 御蔵島 手賀沼 択捉島 父島 釧路市

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

オナガミズナギドリ 画像

オナガミズナギドリ 動画

オナガミズナギドリ ブログ

ミズナギドリの保護と放鳥
タグ : オナガミズナギドリ 久米島ホタル館 サイプレスリゾートホテル 旅鳥 ミズナギドリ 同じカテゴリー( ∟鳥 )の記事画像 同じカテゴリー( ∟鳥 )の記事 中学校のフクロウ君 (2013-03-13 16:58) サシバの保護 (2013-01-12 19:39
2012-09-19 22:23:00
オオミズナギドリ
木登りをしているところのようです。[2007.8.18 撮影:御蔵島@入間川] エコカフェがよく行く小笠原父島の属島であるカルスト地形の南島では、オナガミズナギドリ(尾長水薙鳥)やアナドリ(穴鳥)の沢山の巣穴を見ることができますよ。9月にエコツアー実施を現在
2011-06-12 02:20:00
釧路沖2010 -いろんな海鳥-
オオミズナギドリ! 僕の研究対象です(^_^;) なかなか近づけない厄介な鳥です。 この時は、たまたま船の近くをフラフラしてくれました。 下面は、 ミナミオナガミズナギドリ ほど綺麗ではないです(^_^;) 似た感じのアカアシミズナギドリ
2011-02-12 19:30:00
オナガミズナギドリをレスキュー
試合中、センターを守っていると、 白っぽい鳥がバックネット方向を飛んでいました。 あとで聞くと、どうやら、そのあと、 体育館の白壁にぶつかって落ちたようです。 その鳥はオナガミズナギドリ。 南島などが繁殖場所で、今が巣立ち時期。
2010-12-12 08:34:00
釧路沖2010 -南尾長水薙鳥-
以前もオオミズナギドリの群れにいるミナミオナガミズナギドリに気付かず、写真に写っていたという事があったのですが 南尾長の正面顔。 トウゾクカモメに襲われるミナミオナガミズナギドリ。 贅沢な組み合わせです。 mixiチェック Tweet
2010-11-20 00:42:00
釧路沖2010-フルマカモメ-
フルマカモメには白色型と暗色型、そして“淡色型”がいることになっていますが(海鳥ハンドブックでは“中間的な個体”)、 今まで“淡色型”をまったく意識した事がありませんでした。 今回初めて“淡色型”を意識して見ました。
2010-11-09 21:08:00
コアホウドリの群れを
オホーツク海に面した萌消湾には多くの海鳥が集まるという。 9月初旬の砂浜には数えきれないくらいのコアホウドリが群れているのが観察された。 群れの所どころにミナミオナガミズナギドリも混ざっていたようだ。 群れの中から時おり思い立っ
2010-11-08 22:37:00
再び釧路沖
見られた鳥は以下の通り・・・ シロエリオオハム コアホウドリ・クロアシアホウドリ フルマカモメ・ハジロミズナギドリ(50+)、オオミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリ(60+)、 アカアシミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ ハイイロウミツバメ
2010-10-22 10:41:00
釧路沖
例年通り、ミナミオナガミズナギドリカンムリウミスズメオオトウゾクカモメなんかが見れました。 ミナミオナガは3回3羽と寂しいものでしたが・・・ 13日からも9日間ほど釧路沖の航海がありますので、また時間があったら更新します。
2010-10-10 14:09:00
カウアイ島とのランデブー 2日目 (その2)
コアエ・ウラ(アカオネッタイチョウ) もたくさん飛んでいました。求愛の空中ダンスは何度見てもあきません。 イヴァ(オオグンカンドリ) は他の海鳥が口にくわえている餌を横取りする海賊のような鳥なのですが、悠々とかっこよく飛ぶ姿を観ていると憎め
2010-08-02 15:28:00
南島でクロアシアホウドリは繁殖するか?
南島カツオドリオナガミズナギドリアナドリなどの海鳥の繁殖地であると共に、自主ルールの下で観光利用が行われている珍しい島です。ここでクロアシアホウドリが繁殖するようなことになれば、南島の新たな魅力が一つ増えることになります。
2009-04-09 23:06:00
コフキトンボ♀の多型070630手賀沼
多型 といえば鳥では、ハクガンフルマカモメオナガミズナギドリ カワリシロハラミズナギドリの二つのタイプの関係と、オオシロハラミズナギドリとクビワオオシロハラミズナギドリとの関係は異なります。 コフキトンボ♀ 異色型 070630手賀沼
2007-07-02 21:15:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.