野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

ハイイロガン

ハイイロガン Anser anser rubrirostris

カモ目(ANSERIFORMES)カモ科(ANATIDAE)マガン属(ANSER)

ハイイロガンの目撃場所

イギリス イプシランティ デンマーク ドイツ ミック湖 琵琶湖

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

ハイイロガン 画像

ハイイロガン 動画

ハイイロガン ブログ

5月初旬の鳥たち
他の鳥に威嚇している訳ではなくて、2家族間で近づきすぎると威嚇しているようだった。 この鳥はドイツ語でGraugansという。訳すと「灰色の雁」。日本語を調べたら、ハイイロガンだって。 彼らはこの散歩道を横切り・・・ その後しばらくここで食事休憩
2013-05-18 02:00:00
Vol.461 ハイイロガン 未来へ向かって羽ばたけ!!
先週の 『ダーウィンが来た!』 ネタのアップです! 主人公は… 『ハイイロガン』です。 今回の舞台はイタリア北東部。 アドリア海沿岸に200種類もの野鳥で賑わう水鳥の楽園。 コーナ島自然保護公園です。 干拓されて畑になっ
2013-05-05 15:37:00
ダーウィンが来た!「イタリアの大空へ! 渡り鳥復活大作戦」
何気なく見始めたダーウィンが来た!「イタリアの大空へ! 渡り鳥復活大作戦」がおもしろかった。 渡りを忘れたハイイロガンに人の手で渡りを教える壮大なプロジェクトに密着。 ハンググライダーのパイロット、アキッレ・チェザラーノさんが
2013-04-29 00:01:00
変な鳥
最初に目に入ったのがこの鳥、ガチョウのようだ。3羽が岩の上でじっとしていた。 現在飼育されているガチョウは、ハイイロガンを原種とするヨーロッパ系と、サカツラガンを原種とする中国系のシナガチョウに大別されるようだ。
2013-01-17 13:12:00
ぷりけつ祭り、鳥バージョンとめんま。
今日は上のほうは鳥がメインなので、 苦手な方スルーしてくださいねー。 「トラさんウメさんの日常」 さんより、ハイイロガン。 「わたしのおしりは、正統派ぷりけつだわよ。」 鳥がおしり、フリフリッってするしぐさは たまりませんよね。ええ。
2012-07-28 11:49:00
冬の散歩道
ホンケワタガモなどの 水鳥たちがたくさん見られることがあるのだけど、この時はあまり鳥の 影が見られず…。 左手側に広がる農耕地を見てみると… なにやらうごめくヒトたちの姿が… ハイイロガンが十数羽いました 川沿いのコースから外れ
2011-12-23 21:45:00
コペンハーゲンの夕日を撮りたくて
以前、 ハイイロガンが集団で小守をしてるシーンに遭遇したので 、家族ぐるみで仲良いのかと思いきや、食べ物が絡むと和やかムードは吹っ飛び、一気に殺気立った…「食べ物の恨みは…」って鳥にも当てはまるのね。笑 説明しますと…親子Aにパンをあげ
2011-06-08 22:43:00
久しぶりの晴れ晴れコペンハーゲン!
鳥って、(オスとメスで見た目が異なる場合)オスが派手だよね~。 何かの団体が…ん? ハイイロガン?! ハイイロガンが4家族、集団で草を食べてました。子供が20羽くらいいたかも。せっかくなので、彼らにも餌付けをしようと近づくと
2011-05-30 20:05:00
遂に生まれました~!!!
ハクチョウが出産したように、カステレットではほかの水鳥たちもしばらく前に出産してました。まずはハイイロガン。陸地に上がってましたが、すぐに水に入れるように、水際で待機してました。手前と奥とに、2家族が。子供たち結構デカい。
2011-05-18 23:09:00
春のLoch Muich
ヨーロッパビンズイライチョウ ズアオアトリキタヤナギムシクイハシグロヒタキハイイロガン ツクシガモなどに可愛い鳥さんやヤマウサギに会えて、楽しい ウォーキングとなりました。 20km以上歩いたので
2011-05-02 20:43:00
何を待ってるの?
ヒメレンジャクの群れ がいた川に沿って公園に入ると…。 「Greylag Goose = ハイイロガン 」の群れがいました。 どちらも目の縁がオレンジ色で綺麗な鳥さんです。 (クリックで拡大します) それはいいとして
2010-09-24 00:06:00
噂の珍雁2種
期待しないでください(^_^;) まずはハイイロガン!! 日本産ガンではミカドガンの次に見にくいんじゃないかと思います。 この個体 厳しいですね(-_-;) しかし珍鳥追っかけというのは、見れて嬉しいという感情よりもホッとする
2010-02-24 00:05:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.