野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

ニシセグロカモメ

ニシセグロカモメ Larus fuscus heuglini

チドリ目(CHARADRIIFORMES)カモメ科(LARIDAE)カモメ属(LARUS)

ニシセグロカモメの目撃場所

アメリカ合衆国 スペイン 千曲川 日高郡みなべ町

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

ニシセグロカモメ 画像

ニシセグロカモメ 動画

ニシセグロカモメ ブログ

2013年YEARLIST 中間
(ドバト) カッコウ ツツドリ ホトトギス ◇オニカッコウ コミミズク リュウキュウコノハズク 通常のペースで、5月16日撮影の鳥に戻ります~ ※この前の鳥記事は、 へぐら航路の鳥 です。 『2013.01.01ベニマシコ♀』 撮影日:2013年1月1日12時4分54秒
2013-07-01 00:00:00
ホイグリンカモメ ニシセグロカモメとされることも…
これほどニシセグロカモメ似のは珍しいですよ。^ ^ ☆彡 ぜひ、こちらも↓あわせてご覧下さいませ。 ホイグリンカモメ 黄色い足のセグロカモメの仲間 * 『日本鳥類目録 改訂第7版』(日本鳥学会)に、Larus fuscus heuglini はニシセグロカモメで記載
2013-03-11 19:32:00
カモメの仲間
カモメ(Laruscalfornicus)は,アラスカ~カナダと米国の北西部海岸に生息する鳥なので除外できるのではないかと思う。次に,羽色の特徴から考えてみると,カナダカモメ(Larusthayeri)とアカハシカモメ(Larusdelawarensis)は尾羽の特徴が異なる
2008-09-09 05:15:00
スペイン・アンダルシーアの鳥便り
水鳥は、マラガ港と広場の噴水で、数羽のニシセグロカモメを見ただけでした。 ヨーロッパアマツバメSWIFTは、何処に行っても数百、数千の群れがピーピー、ピーピーと高音の大声で鳴きながら群舞しています。
2008-09-01 13:35:00
種の定義では、異なる種同士は交配ができない
そしてついには、西ヨーロッパのニシセグロカモメセグロカモメから始まってリング状につなが連続体のもう一方の端であることが判明するのである。このリングのあらゆる段階を通じて、どの鳥も輪のなかのすぐ隣の鳥と十分によく似ていて、交雑すること
2006-10-14 20:31:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.