野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

エトピリカ

エトピリカ Fratercula cirrhata

チドリ目(CHARADRIIFORMES)ウミスズメ科(ALCIDAE)ツノメドリ属(FRATERCULA)

エトピリカの目撃場所

モユルリ島 ユルリ島 不忍池 北海道 多摩川 小平ダム 清水寺 納沙布岬 葛西臨海公園 釧路市 霧多布岬

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

エトピリカ 画像

エトピリカ 動画

エトピリカ ブログ

北の国で 完
今回は道東の海沿いばかりを走って海鳥のツノメドリエトピリカ、それにシャチ 上にとまった カッコウ 低木の上に出てきた シマセンニュウ 早朝の草原で 草藪の中で羽繕いをしていた シマセンニュウ 最近良く見られるという 寄ってみたらじきに出
2013-07-18 21:44:00
霧多布沖の海鳥・海獣⑮コシジロアジサシ(8月21日)
All Photos by Chishima,J. ( 流木に止まる コシジロアジサシ の幼鳥(左)と成鳥 以下すべて 2012年8月 北海道霧多布沖) ( NPO法人エトピリカ基金 会報「うみどり通信」第6号(2013年3月発行)掲載の「2012年度霧多布沖合調査(その2)」を分割
2013-07-08 17:16:00
お目当てはエトピリカ
この霧に隠れてエトピリカは安心して繁殖するそうです。 2羽のエトピリカがその霧の中に 船に向かっ 光景を披露してくれました。 以上で今季の北の大地の鳥たちは締めとなります。たくさんの鳥たち、鳥友に感謝です。 テーマ 鳥 野鳥 自然 関連テーマ
2013-07-07 17:00:00
今日一番のお仕事は、、、、
そのような探鳥ですが、、、、お目当てのエトピリカにはふられっぱなしです。海鳥の調査をされているご主人の話では、、、 「今日はよく出ていますよ。一度に4羽出たこともあります」と言うことでしたが、タカ長たちはイミングがずれているようです。
2013-06-28 18:08:00
花魁鳥 エトピリカ
エトピリカのエトは「くちばし」、ピリカは「美しい」、というアイヌ語による。 エトピリカは、一年の大半を陸地のない外洋で過ごす海鳥である。 4月から8月にかけての繁殖期のみ、天敵のいない断崖で営巣する。 冬羽は顔が灰色で飾り羽がなく
2013-06-26 21:15:00
[自転車][野鳥]きょうのサイクリング
(渓流を再現した展示施設) 臨海公園の池にある 鳥類 園。 カワウカルガモアオサギセイタカシギコサギカイツブリ など水辺の鳥たちが集まり、ヨシ原では オオヨシキリ が賑やかにさえずっている。 親子連れの カイツブリ
2013-06-10 06:57:00
流氷打ち寄せる 納沙布岬
動物がたくさんいるんですね. 流氷の上で休んでいるアザラシやアシカというのは見たかったです. 伝説の鳥,エトピリカってこんなのだったんですね. バスの時間が来てしまったので1時間の滞在で納沙布岬を後にし
2013-06-06 21:18:00
[野鳥]背高鷸(セイタカソギ)♂
余談だが、ウミスズメと聞いてピンと来る人はなかなかの鳥好きだろう。 どことなく ペンギン にも似たこの仲間は概ね北の海に多いのだが、ウミバトウミガラス 、果てはウミ オウム まで名を連ねているのが面白い。 有名な エトピリカ とかツノメドリといっ
2013-05-15 00:00:00
野鳥のライフリスト
不忍池の人は親切だ、 コスズガモ 僕は東京に行くと必ず上野不忍池で鳥見をしますが、 2007年11月に行った際、そこに珍しいコスズガモが来ている という情報をネットで見つけて探してみました。 いました、間違いない。
2011-11-02 19:45:00
動物たちの受難
ウィズダムは世界最高齢の野鳥だった可能性もある。 また、保護区にいたシロハラミズナギドリも数千羽が死んだ可能性があるが、穴を掘って巣を作る性質のため、被害数は確認できていない。 同保護区は21種の海鳥300万羽が繁殖し、ハワイモンクアザラシ
2011-04-14 18:24:00
釧路沖2010 -海雀類-
左の個体はほぼ完全な生殖羽! カンムリウミスズメを北日本でしか見たことないので、実は夏羽をしっかりと見たのは初めてです(^_^;) 最後はおまけの・・・ ハイイロヒレアシシギ。 ヒレアシシギ類も少なかったですね。 もっと早い時期に渡っ
2011-01-14 20:32:00
再び釧路沖
見られた鳥は以下の通り・・・ シロエリオオハム コアホウドリ・クロアシアホウドリ フルマカモメ・ハジロミズナギドリ(50+)、オオミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリ(60+)、 アカアシミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ ハイイロウミツバメ
2010-10-22 10:41:00
花咲岬の車石
クーちゃんが!!・・・ではなくて「チシマウガラス」を撮影していました。 チシマウガラス(千島鵜鴉、Phalacrocorax urile)は、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目ウ科ウ属に分類される鳥類。 人の繁殖地への接近、増加したオオセグロカモメによる
2010-06-26 11:29:00
北方四島クルーズ
他にもハイイロウミツバメコシジロウミツバメのウミツバメ2種とコアホウドリクロアシアホウドリのアホウドリ2種は当然たくさんいましたし、 一昨年同様 ひたすら鳥を探していたのであまり写真を撮っていません・・・ いきなり普通種
2010-02-18 21:11:00
釧路-知床沖航海
9/5に函館を出港し、9/18早朝に帰港するまでに確認した海鳥のリストです。 9/5 函館-襟裳岬 9/6 厚岸-羅臼 9/7-11 知床周辺 9 コアホウドリ、クロアシアホウドリ フルマカモメハジロミズナギドリ(1)、オオミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリ(18)
2009-09-25 12:09:00
函館-えりも岬+厚岸-羅臼
翌6日は厚岸沖で夜が明け、夕方羅臼に入港しました!! かなり色々海鳥が見れましたが、 特筆はコシジロアジサシ。 少なくとも計4回6羽が見れました。 他にも確認できなかったアジサシがかなりいたんで 実際はもっといたかと思います。
2009-09-07 07:29:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.