野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

アカハラダカ

アカハラダカ Accipiter soloensis

タカ目(ACCIPITRIFORMES)タカ科(ACCIPITRIDAE)ハイタカ属(ACCIPITER)

アカハラダカの目撃場所

久米島 内山峠(対馬市) 和歌山県 日ノ御埼 石垣島 舳倉島

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

アカハラダカ 画像

アカハラダカ 動画

アカハラダカ ブログ

休眠会社はいかがですか?
《ここから鳥の写真》 急きょ、向かった無計画な舳倉島鳥見 信州から行った二人は明暗が分かれました。 今回の渡島の目的は『シマゴマアカハラダカジュウイチマミジロ』 でした。 一緒に行った仲間は、前者3つが目的。
2013-07-04 00:00:00
ペガササ座・・・いまごろ~~~
《ここから鳥の写真》 金曜日、舳倉島入りしている鳥友からメールが^^ もちろん、鳥のリストです。 「ジュウイチ アカハラダカ シマゴマ ウスアカモズ マミジロ・・・」 さて、こんなラインナップなら
2013-07-02 12:00:00
タカの渡り 春
東西型の渡りをする鳥「ハチクマサシバ」などは春は西から東へ渡り、秋は東から西へ渡ります。 春の渡りは南から北へ向かい朝鮮半島から対馬を通り、九州から東に向かうらしいのです。 何故か遠回りをするようなのですが、未だ理解できていません。
2013-06-01 05:30:00
舳倉島で出会った鳥達NO.3(アカハラダカ他)
島には渡り途中の猛禽類も多くの種類がやって来ます、今回もトビ、ハヤブサ、チゴハヤブサハイタカツミなどが見られました。貴重な珍鳥も猛禽類に食べられてしまうと考えると複雑な思いですが、これも自然界の習いで仕方のないことです。
2013-05-20 09:01:00
2泊3日タカ渡りひとり旅☆12
光景でした(^o^) ↑偶然撮れていたハジロクロハラアジサシ↓ 農家の方々も驚いておられました。 「ここに何十年もおるけど、こんなん初めてやー。こんなカモメみたいな鳥が田んぼの上をひらひら飛んどるなんて~。何ですかあの鳥は?」 事の次第を説明
2012-11-01 23:25:00
アカハラダカ 感激のメス成鳥です
タカは全く飛ばないので鳥仲間とのどかに雑談していた時、突然頭上に現れました。 見上げると、鳥仲間が「アカハラダカ」と叫び声をあげたので、一気にテンションが上がりました。 わずか30秒ほどで去っていきましたが
2012-10-11 08:38:00
鳥獣保護区域等巡回調査
今日は曇空でした。 アカハラダカもボチボチ渡り始めたようですし、 昨日は近所で今期初観のチョウゲンボウを観察しました。 今日は鳥獣保護区域等の巡回&調査に出かけてきました。 ヒバリシギが60羽近くの群れでいました。
2012-09-21 22:34:00
冬の渡り鳥・馴染の珍客
その風景に加え、季節ごとに、猛禽類のアカハラダカやサシバ、チョウゲンボウ、ツミ 久米島は、年中見られる留鳥(留まっている鳥)は、20種ほどですが、 季節ごとの渡り鳥は、その10倍の約200種が、記録されています。 久米島ホタル館では
2011-12-16 20:03:00
11 10月8~9日 タカの渡り観察
ハチクマサシバノスリアカハラダカチゴハヤブサなどは順当に渡 りオオタカハイタカツミも姿を現す。2日目には鉄塔にハヤブサが1時 間程羽を休め、じっくり観察できた。その他の渡り鳥はサンショウクイコムクドリなど。 8日に60羽程が渡っ
2011-10-13 21:50:00
秋は渡り鳥の季節
リュウキュウハシブトガラスも、のっそり芝生に下りてきて、 大きな口で器用に小さな虫を食べています。 のんびりゆっくり、ホタル館の周りでは、鳥たちの朝の食事時間が過ぎていきます。 リュウキュウズアカアオバト
2010-10-09 22:20:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.