野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

キンメフクロウ

キンメフクロウ Aegolius funereus magnus

フクロウ目(STRIGIFORMES)フクロウ科(STRIGIDAE)キンメフクロウ属(AEGOLIUS)

キンメフクロウの目撃場所

Laem Phak Bia Pak Thale アメリカ合衆国 ケーンクラチャン国立公園 タイ ライフェル野鳥保護区 旭山動物園 釧路市動物園

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

キンメフクロウ 画像

キンメフクロウ 動画

キンメフクロウ ブログ

タイの鳥『総括』
マレーモリフクロウ リュウキュウガモ ◆2日目◆ Kaeng Krachan 前の鳥記事は、 ソリハシセイタカシギ です。 撮影日:2月1~4日 撮影地:タイ各地 もう一つ鳥の写真を種類毎に貼り付けただけの味も素っ気もない
2013-05-14 12:00:00
ミネソタステイトフェア・プリザ編
まず一番手 ハヤブサ Peregrine Falcon 鳥を主に食べます。写真のお食事はチキンのエンブリオ 鳥を狩る猛禽だけあって、ハンティング時の飛行速度は320km/h以上。 2番手は アメリカキンメフクロウ Northern Sew-whet Owl このフクロウはまだ見習い
2012-09-08 00:05:00
北海道旅行 旭山動物園編
この一角にはワシミミズクキンメフクロウエゾフクロウオオコノハズクなど北海道のフクロウ類も展示されていて、野鳥好きの私には至福のエリアです。 四肢を伸ばして安眠するオオカミ、オオワシオジロワシなど眼光鋭い猛禽など様々な動物たちを出発
2011-09-04 10:40:00
バンクーバー?
こうして、バンクーバー初日の鳥見は、ナキハクチョウの群れ、ハクガンの大群、シトド類、珍カモ、猛禽などバラエティーに富み、興奮の連続であった。 事前情報でどんな鳥がいるかはだいたい把握していたものの、所詮それは文字と画像の情報のみ。
2011-04-06 23:03:00
シマフクロウ
「 カムイ・チカプ 」 ( 神の鳥の意 ) があるとのことです ( 「 フリー百科事典ウィキ ペディア 」 より )。 エゾフクロウコミミズク トラフズクアオバズクキンメフクロウ、オオコノバズク、コノハズク そして、シマフクロウを除く
2010-07-02 20:34:00
モリフクロウの食性
frogs, fish, lizards, molluscs, and crustaceans. 鳥、コウモリ、巣にいるクロウタドリヤマシギ 3羽のトラフズクと3羽のスズメフクロウ、6羽のキンメフクロウ、23羽のコキンメフクロウ。2羽のコノハズク。合計38羽をモリフクロウが狩っていた」。
2007-08-01 12:00:00
拾ったフクロウの見分け方(野生篇)
(琉球諸島などにはリュウキュウコノハズク) 他にキンメフクロウ、ミナミメンフクロウ、シロフクロウワシミミズクシマフクロウもいますが、まず滅多に拾わないと思うので。 身近な鳥ではトビ。 中型のイメージ・・・ハト・カラスくらい 小型のイメージ
1970-01-01 09:00:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.