野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

ルリカケス

ルリカケス Garrulus lidthi

スズメ目(PASSERIFORMES)カラス科(CORVIDAE)カケス属(GARRULUS)

ルリカケスの目撃場所

上野動物園 不忍池 加計呂麻島 奄美大島 奄美自然観察の森 小平ダム 清水寺

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

ルリカケス 画像

ルリカケス 動画

ルリカケス ブログ

母の日ランチ
帰りにトイレに行ったら・・・ こんな張り紙を発見! まじ? ルリカケス見たいです。 さっきテラスなど歩いたけど、 全く鳥の気配なかったような・・・ っというわけでもう一回り。 会えませんでした。 残念! ここは確かワッフル
2013-05-14 15:58:00
ルリカケス(瑠璃橿鳥)は飛ぶ宝石
ルリカケス (瑠璃橿鳥、学名: Garrulus lidthi (Bonaparte))はスズメ目カラス科カケス属の陸鳥。 奄美固有種 。 分布 は奄美大島、加計呂麻島に限り 関連記事(アカガシラカラスバトとの衝撃的な出会い!)⇒ ◎奄美野生生物保護
2013-05-01 22:04:00
上野動物園に展示されていた身近な小鳥さんたち
マミジロキビタキシロハラクイナ 少し大き目な鳥でした。 ルリカケスですかしら?→ルリカケスに決定 これはシジュウガラ ご協力ありがとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。
2013-02-06 16:47:00
[展覧会] 日本鳥学会100周年記念企画展 「鳥類の多様性」
構成.大変残念なことに企画展内部は撮影禁止だ. 1.日本における 鳥類 研究の歴史 まず正面には絶滅鳥カンムリツクシガモの剥製標本がオスメス2体展示されている.これは 日本鳥学会 のもっとも誇らしい業績ということなのだろう.メスについ
2012-10-17 20:33:00
[講演会] 日本鳥学会 100 周年 公開講演会&公開シンポジウム
紹介される.これは機器が重くてまだ大形の鳥にしか使えない. ここでより小さい鳥の調査として講演者のハチクイのリサーチが紹介される.ハチクイに小さな発信器をつけインターバルをもって情報を取る.ハチクイは 繁殖 地としては北ヨーロッパ全域を含む
2012-09-20 23:18:00
この鳥、誰?
本日のアマミヤマシギ調査で電線上に見かけた鳥。キジバトでもズアカアオバトでもルリカケスでもなさそう。 カラスの子供? 色分けでいうとルリカケス? ????? <追記> ビデオ撮影もしたんです。
2012-06-29 03:20:00
[日常]
ちなみに飼い鳥や 保護 されている鳥、 外来種 は含めません。 種数かせぎや珍しい鳥を見たい!という欲があ まり ない私(←ものぐさだから) 頑張って探す ワシカモメシノリガモコオリガモ、 ワタリガラス 沖縄・奄美→ ヤンバルクイナ
2011-11-26 00:00:00
野鳥のライフリスト
不忍池の人は親切だ、 コスズガモ 僕は東京に行くと必ず上野不忍池で鳥見をしますが、 2007年11月に行った際、そこに珍しいコスズガモが来ている という情報をネットで見つけて探してみました。 いました、間違いない。
2011-11-02 19:45:00
じじぃの「固有動物の絶滅!閉ざされた世界の生き物たち」
小鳥を食べる事例も多い。 小笠原 でも開拓初期に固有 鳥類 が絶滅したのは野生化した ネコ によるとの考えもある。また、現在でもノ ネコ が アカガシラカラスバトメグロ などの大きな脅威となっており、対策が行なわれている。
2011-08-27 06:10:00
奄美の森
奄美自然観察の森 アカヒゲがヒーヒョヒョヒョと鳴く(案内図では②左下の鳥)。 姿は見えない。 体長約28センチもあるオーストンオオアカゲラがキョッキョッと飛んだ。 ルリカケス(案内図で左上①)のギャーギャーと警戒の声。 椎の巨木。
2011-02-28 14:54:00
◆ 奄美群島の生物多様性の国際的評価
2.バードライフ・インターナショナル “重要野鳥生息地” 世界的に絶滅が危惧される種、または全世界で保護の必要がある種 としてルリカケス(固有)、オオトラツグミ(固有)、アマミヤマシギ(固有)が挙げられており、奄美群島はこれら
2011-02-18 16:47:00
奄美自然観察の森06。。。初奄美!09
さて、野鳥観察ゾーンに入りました。 というか、奄美大島野鳥の宝庫です。地の鳥の他に、この時期は渡りの季節で、一時滞在する 「留鳥」も一番増える時期だそうです。 アマミコゲラのようです。 「ウリャ~、」 Canon EOS-5D + Canon EF70
2008-01-19 16:59:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.