野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

オオムシクイ

オオムシクイ Phylloscopus examinandus

スズメ目(PASSERIFORMES)ムシクイ科(PHYLLOSCOPIDAE)ムシクイ属(PHYLLOSCOPUS)

オオムシクイの目撃場所

大阪城公園 沖縄県 甲子園浜 縄ケ池 舳倉島

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

オオムシクイ 画像

オオムシクイ 動画

オオムシクイ ブログ

6/3 エゾムシクイ、オオムシクイ。
今日の鳥たち。 ヒドリガモ、ツバメ、エゾムシクイ、カワウ、コサギ、シジュウカラ、ササゴイカワセミ、カワラヒワ、ヨシガモホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、オオムシクイ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリムクドリ
2013-06-03 10:03:00
陽春の縄ケ池はお花がいっぱい PART2
私は野鳥はあまりわからないのですが、ナチュラリストの中に日本野鳥の会の方がおられこの日は31種の鳥が確認された(鳴き声のみも含む)とのことです。 ヒガラ、シジョウカラ、ヒヨドリオオムシクイメジロゴジュウカラミソサザイ
2013-06-01 15:20:00
5/31
ヨシガモ♂内堀。 ・ホシハジロ♀北外堀。 ・キンクロハジロ♀北外堀。 ●今日の鳥たち。 ヒドリガモ、ハクセキレイ、メジロ、シジュウカラ、オオムシクイ、アオサギコゲラ、カワウ、ササゴイツバメヨシガモカルガモ、ホシハジロ
2013-05-31 09:51:00
週末の鳥見リスト
そんな池に、今回は特別な鳥も見当たらず。。。でしたが、一通り撮影した写真を載せておきます!!※この前の鳥記事は、沖縄田んぼのシギたちです。『池の鳥』コガモ?シマアジかな~コガモでしょうね~よくわからなくなってきました
2013-05-27 12:00:00
ガッツリ!
静かなんは好きやけど、野鳥の声が聞こえんのはやっぱり寂しいな、ほんま。野鳥情報は 「元山裕康のこんなん出てます」 をご覧頂き。ワシからの追加は・・・ 太陽 内堀蓮如上人前で居るイケメンヨッシーことヨシガモ♂、今日は愛の森入口側に。 人工川沿い
2013-05-26 17:51:00
5/19
午後からの空模様もあるし、鳥も少なくなる時期でもあるし、バーダーやカメラマンも少ない。 出会った方はすべて 「今日は鳥が少ないなぁ」 私も太陽の広場東 私も、コウライウグイスがとまっていた木。サンコウチョウがホイホイ鳴いていた低い枝。
2013-05-19 10:34:00
4/8 雲ひとつない五月晴れ。鳥 少ない。
結局、青葉が茂って心地よいが、鳥には合えない。バーダーやカメラマンなども激減。 大まかなイメージで言えば、これからはサンコウチョウとホトトギス。 やがてメボソムシクイのさえずり。最後にオオムシクイの 「ジジロ・ジジロ」 センダイムシ
2013-05-08 10:10:00
5/5 渡りはピーク過ぎるも・・・・。
センダイムシクイ、エゾムシクイなどの最盛期は過ぎて、遅くに通過する鳥たちと入れ替わる。 これからは、ホトトギスやジュウイチ、サンコウチョウやオオムシクイなどが期待される。しかし、これらは総数が少ないので、出合いの可能性は低いかも。
2013-05-05 17:39:00
新訂「北海道野鳥図鑑」
信頼感が厚い野鳥図鑑、 亜璃西(ありす)社の「北海道野鳥図鑑」の新訂版が出ました。 日本鳥類目録第7版(2012年改訂)準拠した最新版! と帯に記されていますが、最大の違いは写真2枚目 オオムシクイ そんな鳥は知らなかった! 以前
2013-04-04 21:54:00
11/2 今日もノゴマが。ヒドリガモ200超えならず。
昔発行していたミニコミ誌 「大阪城公園鳥だより」 の中の 「こんなん出ました」 のスタイルで書いてみた。★の数は、大阪城公園での見やすさを、私の主観で表したもの。 オオムシクイか? ★シロハラ=市民の森2羽。市民の森石の水場2羽。
2012-11-02 11:49:00
10/27 ヤマシギ飛ぶ、西の丸庭園。
公園全体に静かな印象。鳥もやや少なくなったよう。バーダー、カメラマンも少ない。 特に中国からの観光客が大きく減少し そのうち、メボソムシクイとオオムシクイの識別ポイントは・・・なんて出てきたときに役立つように
2012-10-30 11:05:00
キクイタダキ
オオムシクイだったら嬉しいのですが。 秋の渡りの時期は野鳥が囀らないので、野鳥の存在に気付かないことが多いと思われます。先日この公園でキビタキなどを見つけましたので、二匹目のドジョウを期待していたところ
2012-10-26 21:53:00
10/19 やっとジョウビタキと出合う。ムギマキ、ノゴマなど。
とりあえず本種として記録) 日本鳥類目録改訂第7版で、これまで亜種コメボソムシクイとしていた鳥は、コムシクイと変更され種として独立した。 これまで、春秋に旅鳥として日本を通過し、亜種コメボソムシクイとされていた鳥は間違いで
2012-10-19 11:18:00
◎秋の舳倉島で逢った野鳥たち ---2012.10.9---
同行したBIRDER5人でその日ごとに鳥合わせをした結果、 4日間で63種を数えました。 珍しいものではシラガホウジロ、キマユムシクイで、ムシクイの種類が多いのが秋の 特徴ですが、よくお目にかかったのはメボソムシクイ とオオムシクイです。
2012-10-09 20:45:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.