野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

ヨーロッパトウネン

ヨーロッパトウネン Calidris minuta

チドリ目(CHARADRIIFORMES)シギ科(SCOLOPACIDAE)オバシギ属(CALIDRIS)

ヨーロッパトウネンの目撃場所

いしかり調整池 三番瀬 千葉県 名古屋市 新川河口(札幌市、小樽市) 石狩湾新港

(ブログで鳥名と関連して言及された場所です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

ヨーロッパトウネン 画像

ヨーロッパトウネン 動画

ヨーロッパトウネン ブログ

港の鳥は皆飛べる
という名前を付けられた鳥です。 こちらの トウネン 、足が長く見えたので ヨーロッパトウネン かと疑いましたが…喉が赤いし普通のトウネンですよね。 港内には、衿がちっとも赤くない アカエリカイツブリ が潜っては魚を探していました。
2013-06-01 06:00:00
急きょ ブロック(><)
戻ってこ~~~い!! 《ここから鳥の写真》 今回は『ツリスガラ』 見た事あるけど、デジタル撮影がまだ。。。そんな鳥が この時点で、何種かありました。 マミジロイワヒバリライチョウヤブサメ、ハイイロペリカン、ベニヒワ、ヒメアマツバメ
2013-05-30 00:00:00
2012石狩シギチ?
エリマキシギツルシギ(J4)、コアオアシシギ、アオアシシギ(50±)、タカブシギオグロシギ、チョウゲンボウ ヨーロッパトウネン幼鳥(右)とトウネン幼鳥(左)。 脚の長さ、雨覆羽の軸斑の黒味が強い点に注目。 去年の個体 より赤味が乏しかったです。
2012-09-09 23:48:00
2012石狩シギチ?
ヨーロッパトウネン成鳥。足の長さで気付きました。 キリアイ幼鳥コオバシギ幼鳥。サブターミナルバンドが良いですね! オバシギ幼鳥。後ろはコオバシギです。 ホウロクシギ。 なぜか砂浜にいたヒバリシギ。 オグロシギ幼鳥
2012-08-24 23:46:00
三番瀬にて(キョウジョシギ他)
今日はダイシャクシギも姿を見せ始めましたしメダイの幼鳥もチラホラ見られるようになりました。後はキリアイだとかヨーロッパトウネンなどがやって来ると良いのですが。コアジサシはほとんど渡って行ったようで今は僅かな群れしか居ません。
2012-08-16 09:59:00
2011秋 石狩シギチ
最大で5羽みられました! コオバシギ。 アメリカウズラシギ。 成鳥ですね。メスでしょうか?? アカエリヒレアシシギ。 目標の一つだったヨーロッパ 来年は、ヘラシギ、ヒメウズラシギ、ヒメハマシギあたりが見たいものです。 mixiチェック Tweet
2011-10-23 09:48:00
ヨーロッパトウネン?
鳥撮りの方はこのところ干潟へ来るたびにトウネンの群れを探してヨーロッパトウネンが混ざっていないか観察していましたが、今日やっとそれらしい個体を見つけました。識別点を総合してヨーロッパトウネンで間違いないと思うのですが
2011-09-08 00:04:00
シギチは苦手。
何度みてもこの子は?って聞いてしまうほど苦手なシギチ。 ヨーロッパトウネン?それともオジロトウネン? 近くで撮っている人がオジロトウネンだって言ってましたが 泥の中で一心に餌を探すこの子はいったい誰?? おもさんに同定して頂きました。
2010-11-29 16:38:00
あと5種!
今年すでに34種増えてる~!すごくないですか~? 今年ライフリストに入れた鳥 コウライアイサ ・コバシチドリアカハジロクイナ ・ヨーロッパトウネン ・ミユビシギサンカノゴイ ・コクマルガラス ・コイカルオオアカゲラ
2010-11-21 22:09:00
MF三番瀬(シロチドリ他)
昨日見られたハジロコチドリヨーロッパトウネンビロードキンクロは見られませんでした、やはり何か変りダネが居ないと寂しいものです、ただ今の時期は何処へ行っても鳥枯れというか端境期に当たり、めぼしい鳥さんにめぐり会うのはたいへんなようで
2010-11-03 17:16:00
MF三番瀬ーいつもの公園ーMF三番瀬
鳥相はといえばオオソリハシシギが数羽とハジロコチドリ一羽、ダイゼンシロチドリ、トウネン、ヨーロッパトウネンハマシギミユビシギといったとこでミヤコドリを確認する前に次の目的地に向かいました。次の目的地はいつもの公園でこのところキビタキ
2010-10-27 18:47:00
三番瀬(前回の不明個体考察)
また、コシジロウズラシギ君の可能性ですが、これも資料が殆どなく 文一総合出版、2004年 フィールドガイド日本の野鳥、日本野鳥の会、2007年 鳥630図鑑、日本鳥類保護連盟、2001年 The Shorebird Guide Shorebirds of North America The
2008-04-09 18:08:00
三番瀬 また再び
個体数はそれぞれと言う感じでした。 また、ハマシギ君は堤防にかなりの個体数が並んでいましたが、干潟、砂浜では見掛けませんでした。 あと、昨日の大珍鳥とも言える、ヒメウズラシギ君ですが、残念ながらいませんでした。 あと2週間で潮干狩りが解禁
2008-04-04 23:00:00
三番瀬 再び
大きさと初列風切と尾羽の関係などを総合すると、氏のおっしゃる通り、ヒメウズラシギ君です。 これもまた昨シーズンのヘラシギ君発見の時と同じく、全くの偶然でしたが、大変な鳥君をいつの間にか撮ってしまっていたようです。 この場を借りて
2008-04-02 23:12:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
Copyright © 2013-2017 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.