野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

蒜山高原

蒜山高原

岡山県(岡山県真庭市)

蒜山高原 画像

蒜山高原(ひるぜんこうげん)は、岡山県真庭市北部の蒜山地方に位置する高原である。 標高500mから600m程度の高原地帯であり、西日本を代表するリゾート地の一つである。(関西(中国)地区の軽井沢とも呼ばれる)また、日本最大のジャージー牛の牧場なども存在する。週末やシーズンには京阪神・中国地方・四国地方方面からの観光客で大変賑わう。一帯は1936年2月1日に大山国立公園(現在の大山隠岐国立公園)に指定されている。 蒜山高原は約60万年前に火山活動を停止した蒜山三座(上蒜山、中蒜山、下蒜山)の中腹に位置する。この地を流れている一級河川の旭川は、現在こそ岡山市を経て瀬戸内海に注いでいるものの、大山噴火以前は日本海に向けて流れていて、現在の蒜山高原の南側が湖であった。大変風光明媚な場所だが、かつては軍用地(昭和初期の陸軍の射爆演習場)であった。 天候がよければ、北北西の方角に中国地方一の標高を持つ名峰、大山を見ることが出来る。

蒜山高原 動画

当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。 Copyright © 2013-2018 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.