野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

弁天沼(北海道)

弁天沼(北海道)

北海道(北海道苫小牧市)

弁天沼(北海道)の野鳥

アカエリカイツブリ オオジシギ オオハクチョウ オジロワシ コハクチョウ チュウヒ ヒシクイ ミサゴ

(ブログで地名と関連して言及された野鳥です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

弁天沼(北海道) 画像

弁天沼(べんてんぬま)は北海道苫小牧市にある湖沼。面積は約34ha。ラムサール条約の指定を受けたウトナイ湖の南側に位置し、ウトナイ湖同様、多くの鳥類の繁殖、中継地となっている。 沼がシマアオジ(環境省レッドリストの絶滅危惧IA類(CR)) 、チュウヒ(環境省レッドリストの絶滅危惧IB類(EN)) 、アカモズオオジシギなどの繁殖地となっていること、また、渡り鳥の雁のほかオオワシオジロワシも飛来することから、弁天沼一帯を鳥獣保護区にする検討がなされてきた。しかし沼一帯はエゾシカの一大生息地でもあり、鳥獣保護区に設定した場合には、エゾシカがさらに大繁殖して一帯の森林や農業において食害が進行し、大きな影響が生じる恐れがあることなどを理由に設定が見送られている。

弁天沼(北海道) 動画

弁天沼(北海道) ブログ

弁天沼南西岸からの調査
日は北帰行を控えたオオハクチョウヒシクイ、カモ類の他、渡り途中のアカエリカイツブリや繁殖のために渡ってきたオオジシギ等、水鳥から草原性、森林性を含め20種類以上の鳥が観察できました。来春はガンのカウントもやらないと
2013-04-20 12:26:00
苫東の春② 栄養補給
弁天沼コハクチョウヒシクイ(背景左側は厚真火力発電所) 弁天沼には北帰行の途中で羽を休め、水草等を食べているハクチョウ類やヒシクイ、カモ類が8種類180羽程いました。 渡り鳥が安心して羽を休め、栄養補給して再び飛んでいくための中継地として
2013-04-14 15:51:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。 Copyright © 2013-2019 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.