野鳥の目撃情報・目撃場所と探鳥地、地図、ブログ、写真

母島(小笠原諸島)

母島(小笠原諸島)

東京都(東京都小笠原村母島)

母島(小笠原諸島)の野鳥

アカアシカツオドリ アカガシラカラスバト イソヒヨドリ オガサワラヒメミズナギドリ オガサワラヒヨドリ カツオドリ キジバト トラツグミ ハシナガウグイス ハハジマメグロ メグロ

(ブログで地名と関連して言及された野鳥です。この場所で観察された野鳥とは限りませんのでご注意下さい)

母島(小笠原諸島) 画像

母島(ははじま)は、小笠原諸島の島。周囲の姉島、妹島などの島とともに母島列島を形成する。東京都小笠原村所属。小笠原村で一般住民が居住するのは父島とこの母島だけである。 母島は父島の南約50kmにあり、父島二見港から定期船ははじま丸が約2時間で連絡している。島の南部の沖村に港があり、沖村は母島唯一の集落である。 島内は南北に縦貫する都道241号線が通っているが、島内には公共交通機関はない。 国産のラム酒を製造している、小笠原ラム・リキュール株式会社の工場がある。

母島(小笠原諸島)の野鳥

ウグイス,ノスリ,メグロ

母島(小笠原諸島) 動画

母島(小笠原諸島) ブログ

本格的な夏まであともう少し、雑誌が東京の島々を紹介
島では絶滅危惧種のアカガシカラスバトが猫にやられてしまいました。このまま放置すると 東京都獣医師会の見解では「鳥の命も、猫の命も、どちらも大切な命。鳥は小笠原でしか生きられないかも知れないが、猫は飼い猫として都会でも幸せになれる」。
2013-06-20 00:10:00
[動画] メグロ(ハハジマメグロ) Bonin Honeyeater
小笠原諸島固有の野鳥、メグロ(ハハジマメグロ)の映像です。メグロはメジロ類に近縁な鳥ですが、世界でも小笠原諸島母島列島だけにしか分布していません。しかし、現地へ行けば民家の軒先などで普通に見られる、ごくごく身近な鳥でもあります。
2012-03-13 23:55:00
キジバトちゃまは放し飼い!?
絶滅したと思われていた海鳥「ブライアンズ・シアウォーター」が、小笠原で60年ぶりに発見されたと報道されていました。和名は「オガサワラヒメミズナギドリ」だそうです。 カタカナだと覚えにくいので、「小笠原姫 水凪ぎ 鳥」といったように漢字にし
2012-02-11 00:57:00
久しぶりの母島へ
今朝は5時半に目が覚めたので甲板に出てみると、見慣れたカツオドリに混じって白い鳥が飛んでいます。久しぶりに目にするアカアシカツオドリでした。早起きは三文の徳といいますが、まさにその心境。以前にもやはり朝のおがさわら丸で見たのですが
2011-06-30 21:16:00
小笠原日記。その3。
男だなぁ(笑) でもまたいつか一緒に来てみてね! > BaBa さん なんかハハジマメグロは長い時間飛べないらしいんですよ。 だから母島にとどまっているんでしょうね~。 鳥にもいろんな事情があるみたいですよ。 > seasar さん おぉ~!元気
2011-06-16 16:52:00
小笠原日記。その2。
それがこちらの小鳥。 ハハジマメグロ。 割とちょくちょく目にはするんですけど、 ちょろちょろと飛び回るので、 なかなか撮影が難しかったんですね。 まぁ日中はずっと潜りに行ってしまっているので、 しょうがないのですが、、、。
2011-06-15 16:17:00
どうにか健在
そんな気持ちを癒してくれるのが、沢にやってくる鳥たち。ピィーヨピィーヨとけたたましく鳴きながら現れたのは、オガサワラヒヨドリ。少し遠巻きにこちらを観察し、再び鳴きながら飛び去りました。 人がいても気にしないのはハハジマメグロ
2010-10-23 20:22:00
好奇心
かと思えば、オガサワラヒヨドリトラツグミのように、警戒心の強い鳥もいるのですから、単純に小笠原の鳥は警戒心が薄い、とは言えないようで興味深いものがあります。 今日も父島の街には、イソヒヨドリの美しい歌声が響いていました。
2010-01-14 17:20:00
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。 Copyright © 2013-2019 野鳥目撃地図 All Rights Reserved.